特徴と利用方法

●ワンタッチ入力からスピーチへ

携帯電話と同じ操作で文章を作成することができます。
予測変換機能もあり、楽々入力。

(タッチパネルパソコン対応)

ワンタッチ入力からスピーチへ


●手書き入力からスピーチへ

タッチパネルから手書きで文章を入力することができます。
(タッチパネルパソコン対応、手書き入力はWindows Vista,7対応となります)

手書き入力からスピーチへ


●キーボード入力からスピーチへ

タッチパネルに対応していないパソコンでも、キーボードから文章を入力、スピーチをすることができます。

キーボード入力からスピーチへ


●場面別で選択からスピーチへ

場面別定型文が事前に登録されているので、あいさつ、ビジネス、プライベートなど様々な定型文を呼び出し、すぐに会話することができます。

場面別で選択からスピーチへ


●事前に文章を登録してからスピーチへ

会議や講演会の発言にあらかじめ原稿をそのままスピーチサポートに登録して、ワンタッチでそのまま呼び出し、スピーチをすることができます。

事前に文章を登録してからスピーチへ

利用イメージ

●職場での会議、打ち合わせに

●施設の受付のやりとりに

●意見を発言したいとき

●自然な会話でやりとりしたいときに

●複数の人たちの会話で