日常生活用具の給付

地方自治体から「身体障害者手帳」を交付された聴覚障害(児)者は、身体障害者福祉法に基づいて生活に必要な用具の給付を受けることができます。

給付対象者:身体障がい者手帳2級以上
基準額:¥98,800(スピーチサポートフルセット)
内容:携帯用会話補助装置(音声言語機能障がい又は肢体不自由者であって、発生・発語に著しい障がいを有する者)


<給付の申請の流れ>

ステップ1
プロジェクトゆうあいにTEL、FAX、Eメールまたは郵送で見積もりの依頼をお願いします。こちらで見積もりの準備をし、折り返しご連絡いたします。


ステップ2
当事務所で作成した見積もり書、印鑑、身体障害者手帳を持って市区町村の福祉窓口市役所に行き、給付の申込みをします。

※ここで申請が認可されますと日常生活用具給付券が発行されます。


ステップ3
日常生活用具給付券が発行された後にをプロジェクトゆうあいまでご連絡ください。折り返し、給付券と引き換えにスピーチサポートPCを発送させて頂きます。(ご準備に3日~1週間かかる場合がございます)


※スピーチサポートフルセットの内容は以下のとおりになっております。

・スピーチサポートフルセット(推奨パソコン+スピーチサポート+日本語音声合成エンジンドキュメントトーカ)
98,800円

※価格は目安ですので、パソコンのメーカー価格により変動する場合がございます。
※推奨パソコンはBRULÉのviliv S10(2010年6月現時点)、その他に別メーカーのパソコンを活用したい場合には、個別にご相談ください。

対応OS:WindowsXP,Vista,7
パッケージ内容:CDロム、取り扱い説明書

※WindowsXPは手書きモードは搭載されていません。
※パネルからの入力、手書きはタッチパネルパソコン対応になっています